2014/12/23

12/22 キャンドルヨガ

今日は新月と冬至が重なる朔旦冬至。19年に一度の特別な日。
そんな夜に、今年最後のキャンドルヨガという巡り合わせ。

ヒーリングライトの作家さんであるヒロミさんは、いつも私より数時間前に来てセッティングしてくださり、本当にただただ頭が下がるばかりです。

灯火が壁面ガラスに反射して、闇夜に続く回廊のよう…

キャンドルヨガの中でヨガセラピーのメソッドを取り入れ始めて、何回か経験してみましたが、今日はその効果がよく見て取れました。
キャンドルを使わないレッスンと比較すると、格段に動きがゆっくりになっていました。
ただ手を上から下に降ろすというすごく地味な行為に、ゆっくりと時間をかけるというのは実は難しいのです。

なぜ「ゆっくり」が大事なのか?

早く早く…と先ばかりを追い求めるとどうしてもスピードアップしがちです。世の中全体の流れが早いので、心も自然とそれに添わせてしまうのは仕方がないことです。しかし、心ばかりが先んじていってしまうと、今在る身体は置き去りになってしまいます。身体に起きてる現象に鈍感になります。心と身体は二つで一つです。
今身体に起きている現象に気付いてあげる…冷たいのか、温かいのか、痛いのか、気持ちいいのか…
それが「心を今に留める」ヨガの練習の第一歩だと思うのです。丁寧に時間をかけることが身体への慈しみの始まりだと思うのです。

キャンドルの灯りで動きがゆっくりになったということは、皆さんそれぞれが持つ時間の流れが一様にゆっくりになったのかなと思えた嬉しい一夜でした。

2014/12/22

今日は冬至


今日は冬至。

冬至に限らず、最近は我が家ではお風呂に柚子と生姜(スライスしたもの)を浮かべます。体の芯まで温まるのがよく分かります。
その後は湯たんぽでぬくぬく〜

睡眠の質が高まりますよー^ ^

影のある女

京都、建仁寺にて。

石庭を火灯窓でくり抜く。

日本のミドリは、陰影があってこそ美しく見えるのね。

私も影のある女性を目指そう。

ナンチャッテ


2014/12/18

今年も来ました


年末恒例の京都。
それにしても寒い!!
今年は特に寒いのか…
お年を重ねるごとに、寒さの沁み入り方が増しているのか…

2014/12/16

オヤツ


おからスコーン作ってみた。
簡単簡単!

小麦粉 100g
生おから100g
甜菜糖 25g
ベーキングパウダー(アルミフリー) 8g
卵 一個
米油 20g

をさっくりゴムベラで混ぜ合わせて、180度のオーブンで20分。
お試しあれー

2014/12/13

今後のスケジュールup!


先日お邪魔してきた「Panchavati」さん。静岡市鷹匠にある素敵なヴィーガンカフェです。
玄米菜食が基本で、こんなにも美しいお料理に変身してしまうのです。
この日のメインは里芋バーグ。濃厚で、ボリュームたっぷり・・・お腹のそこから満たされたのでした。
Pancha(パンチャ)とはサンスクリット語で「5」を意味します。Pandchavatiは、古代インドのアショカ王が国民に『1人つき5本の樹を植え、育てよ。そしてその樹は自分達の代で使いきるのではなく、後世のために残すのだ』と義務付けたという伝説です。

想いを食というツールで伝えて、相手のお腹(体)で感じてもらう。
言葉も大切だけど、頭で理解するよりも体で理解する方がずっとすんなりと腑に落ちることがたくさんあるのだなーと・・・そしてそれは私のヨガも同じだなと、思ったのであります。

頭を使ったら、体も使いましょ~!

というわけで、来期のリラックスヨガ・おてらヨガスケジュールをアップしました。



また12/22(月)富士山環境交流プラザにてキャンドルヨガ〈19:30-20:40/2,500円〉を開催します。若干名空きがありますので、よろしかったらどうぞ~♪
→2014.12.15満席となりました。

2014/12/02

11/29キャンドルヨガ@studio yogini+

11/29(土)スタジオ・ヨギーニ主催の「キャンドルヨガ&ディナー」
クリスマスを1カ月後に控えた夜にふさわしく、スタジオ内にHIROMIさんのhealing lightを灯しキャンドルヨガを行いました。
スピードを要求される日常に、ブレーキをかけるべく、ゆったりとした非日常空間のなかじんわりと心の奥まで温まる様な一夜となりました。



キャンドルヨガでは、全てを言い過ぎなくても少ない言葉の中にも伝わる想いがあるな~といつも感じます。
普段のレッスンでは「あれも言わなきゃ、これも言わなきゃ」なんて頭でっかちになりがちですが、空間内に余白が多いせいか頭も身体にも余白ができて、ギュウギュウに詰まったものから解放されていく気がします。

ヨガの後のお楽しみ、インドカレーディナー@マハラジャダイニング。


デザートの「マンゴー・メルバ」。のうこう~


このイベントはスタジオ・ヨギーニで年2回程開催しています。
次回は4月頃の予定です。今回参加できなかった方はぜひ次回にどうぞ~!

2014/11/28

プラザまつりに出ます


毎週月曜夜に会場をお借りしている富士山環境交流プラザで11/30(日)、「プラザまつり」が開催されます。
私もヨガの無料体験の講師として参加させていただきます。
マットがなくても、普段着でも、どなたでもフラッと立ち寄ってご参加できるプログラム内容ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

【日程】11/30(日)
【ヨガ体験会】12:00-12:30くらい

※時間は前後する場合がございますのでご了承ください。

2014/11/25

yoga stool

使ってみた!
娘はこの写真を見て、私が椅子を頭で破って穴を開けたと思ったよう…

2014/11/20

お招きいただきました

今夜は母校の中学校にて、PTAの方を対象にしたヨガ講座にお招きいただきました。
役員の方や先生方には寒い中準備を万端にしていただき、大きなヒーターまで用意していただいて、お陰様で心地よく進めることができました。

日頃、自分以外のことに心を捉われ、おざなりにしてしまっている「自分の時間」。この90分が皆様にとって「自分のためだけの時間」になったならば嬉しい限りです^ ^

2014/11/14

11/29キャンドルヨガ&ディナー開催


11/29土曜日、スタジオ・ヨギーニで「キャンドルヨガ&ディナー」を開催します。参加者募集中です^ ^

先週11/7に、一年間お勉強していた「ヨーガ療法学会認定講師」を試験と卒論をもって無事修了し、ヨーガ療法士に向けて一歩前進したかのように思いますが、全て修了するにはこれからまだあと2-3年は掛かりそうなのでボチボチ進めていくことにします…^^;
その中で学んだヨーガ療法のメソッドを、最近ではキャンドルヨガの時に取り入れていますが、キャンドルのやわらかな揺らぎとヨガの微細な動きがとても合ってるな〜と実感しています。ささやかな体の動きから、内側への意識を高めて、本来在る自分に気付いていきましょう〜

11/29土曜日
ヨガ会場 スタジオ・ヨギーニ
ヨガstart16:30-
1,000円
ディナー会場 インド料理のマハラジャ・ダイニング
ディナーstart19:00-
1,500円

ご予約・お問い合わせは山田もしくはスタジオ・ヨギーニまでお願いします。

山田彩
mdr.ymd@gmail.com

2014/11/02

坐禅

nenu先生が主催する「ヨガと坐禅」に参加してきました。
育児真っ只中な私が一番欲するものはやはり「空っぽな時間」。
現在お勉強中のTTの試験と卒論提出を11/7に控えて、ほぼ徹夜で卒論に向き合い、そのまま会場へ。
そんな状態で坐禅とは無謀ですが、言うまでもなく眠気との戦いでした(~_~;)
一回目に参加したときに印象に残っている話は、禅は…
「やめていくこと」
「拾いにいかないこと」
「肯定をしたうえで向き合うこと」

今回2回目では、禅は…
「する→為る→在る」

とゆうお話が特に印象に残っています。

足し算、足し算で追加していくと気付いた時には複雑化して自分では手に負えないことになりがちです。できるだけ引き算で過ごしていきたいな〜と思った晩秋の日。

帰りに覗いてみた文房具屋さんが可愛くて目移りしてしまいましたが、子供達のお土産はリサラーソンのマスキングテープとカバのメモ帳にしました。(むしろ私が使いたい)

2014/10/25

晩秋

グラデーションがキレイな季節になってきました。
朽ちゆくものに美を感じる日本人の感性は、儚さの美学なのだそうです。
ステキ♪

2014/10/18

greenな旅

ミドリという名前を親から授かったお陰で、私は植物から大いなるエネルギーを享受しているのだ!と勝手な思い込みをしてるわけですが…

最近は週末は専らgreen な道を求めてしまいます。無理やり付き合わされている子供達からしたらいい迷惑ですが、何だかんだ言って森の探検ごっこを楽しんでくれてるので有難い話です。

もっと有難い話といえば、車で数十分、もしくは徒歩でも行けてしまう程近い場所に、私の琴線に触れる森が沢山ある地に生まれ育ったことが何よりも有難い話なのです。

これは本日の森、富士宮浅間大社。
近所にあり、足繁く通うお散歩コース。
神社の森は、それはそれは空気が清らかで、神聖なヒンヤリ感に身がシャキッとなるようです。



これは先週行った、朝霧にある富士花鳥園。
台風一過のあと空気がとても澄み渡って緑、水面、空、土、全てがキラキラしていました。



これは富士宮市内にある朝日滝。
白糸の滝や陣馬の滝によって存在が霞んではいますが、水量も水音も大変勢いがある立派な滝です。


これは長泉町の駿河平自然公園。
ビュッフェ美術館に訪れた際に。


苔のモコモコと芽がぴょこぴょこと出ている様が愛おしい。


最後は白尾山。

正道を行くよりもわざと外して遠回りする方が、たくさんの発見に出会えるし、たくさんの緑に出会えるのです。

木は私達に酸素を与えてくれます。
木は私達が出した二酸化炭素を取り込んで、またキレイな酸素を与えてくれます。
人間が地球を汚していても、黙ってもくもくと働いてくれます。

木は大地にどっしりと根ざし、自身のエネルギーをその地に還元してくれます。

木は多少の風雨に揺らごうとも、戻るべき場所を心得ています。

木はたくさんのことを教えてくれます。

2014/10/06

長月の夜に…


満月まであと2日。
台風一過のクリアな空に煌々と輝く月明かりが、レッスンの室内に射し込んできて、月明かりの余韻を楽しむべく照明を点けずに終えました。

2014/09/27

healing yoga therapy

毎月1回開催しているヒーリングヨガセラピー。
キャンドルを灯した中で、ゆっくり〜じんわり〜身体を動かしていきます。

今宵は9月の回。
仄かに金木犀の甘い香り漂う中、healing lightの弘美さんが抜群の配置でキャンドルを飾ってくださいました。



ガラスに反射する飴玉のような光が無数に点在していました。いつもより闇が多かったのに心地良く感じたのは、空間内の余白が頭の中のゴチャゴチャを鎮めていってくれたからかもしれません。

産業化に伴う照明の発展は、日本の闇を駆逐していきました。これは戦時中の灯火管制による反動とも言われていますが、常に明るみにさらされている状態では、神経は昂ったままで、深く休むということが難しくなっています。

緊張・弛緩、

明・暗、

光・闇・・・

相対するその二つは、どちらも大切で、『二つで一つ』なのです。


次回は10/25(土)に開催予定です。
ご予約はこちらからお願いいたします。
http://culas-plus.jp/concept/4408.html

2014/09/24

『秋の夜長』始まり、始まり~

秋分の日の今日、お寺でキャンドルヨガを開催しました。

キャンドルを灯した参道の先に広がる、眼下の夜景が一つの演出になってるかのようなロケーションの素晴らしさ。
弘美さんのヒーリングライトが、虫の音色だけを残して、余計な想念や音を吸い取ってくれてるかのような静寂の心地よさ。

普段フル回転でおしゃべりしている頭の中に、少しだけ空白なスぺースを作ることができたらなら、嬉しい限りです。



前半はヨガの基本的なアサナを取り入れ身体をほぐしていきました。
後半はヨーガ療法のメソッドを取り入れ、動きは小さく、意識はより細やかに働かせるよう実践していきました。目を閉じながら、動作と発声を同調させることによって、スピードを増しがちな動きにブレーキをかけ、じっくりと「今在る自分」に目を向けることができます。
ゆっくり、簡単な動きほど、心を今に留めておくのは難しいことです。身体にゆとりが出来る分、心はあっちにフワフワ、こっちにフワフワ行きたくなってしまうものです。
「ヨガ終わったら何食べようかな~」とか「あ~、私なんであんな事言っちゃったんだろう~」とか(笑)
雑念のほとんどは、まだ起きぬ未来の事か既に起きた過去の事。
ヨガは、未来でもない過去でもない「今」に心を置く訓練とも言えるのです。

かく言う私も、日々雑念だらけ・・・
「『今』を生きる子供」と向き合っている私の心は、未来にも過去にも往来を繰り返していますが、そんな日常だからこそ、ヨガでスコーンと頭を空っぽにできる時間が幸せであり、喜びであるのです。


追記
お寺では、昼間のクラスも開講しています。単発でもご参加いただけますので、ぜひどうぞ~。
また10月からの、その他のクラスもスケジュール更新しました。
興味がある方はご覧になってみてください。

おてらヨガ→http://green-yogini.blogspot.jp/p/blog-page_6785.html

リラックスヨガ→http://green-yogini.blogspot.jp/p/blog-page_22.html

2014/09/15

旧暦手帳

「理屈や知識ではなく、なぜそうするのか自分で考えてみることは大切である。何かを感じることで腑に落ちたり、実際にやってみると体得できることがある。小さな発見は、深い叡智につながっている。」
(和暦日々是好日/LUNAWORKSより)

プライベートな予定表として使用しているグレゴリオ暦のスケジュール帳とは別に、自分のバイオリズムを記録する手帳には旧暦の手帳を利用しています。
毎月1日は新月の日からスタートし、月の満ち欠けやそれに則した季節の移ろいに敏感になり、さらにその時の身体の状態と照らし合わせることによって、より自分の身体が愛おしく感じられます。
私が使用しているのはLUNAWORKSのものです。


手帳の機能とは他に、歳時記の挿絵や一口メモが余分なまでに書かれていますf^_^;

でもその余分さが私は大変気に入っているところで、ページをめくる毎に楽しみが増していきます。
何よりも日本語の美しさが、私を惹きつけて止まないところです。

旧暦で過ごしていた頃はきっと今よりも人々は自然に心を寄り添わせ、敬意を払っていたことでしょう。
近代科学は自然をもコントロールしようとしますが、自然に抗うことがどれだけの消耗を生み出しているのか…

どれだけ次世代に負の遺産を残そうとしているのか…

私は今、私に出来ることを地道にコツコツと続けていくのみです。
欲張らずに、身の丈で伝えられることを伝えていけたらいいな〜と思います。

2014/09/12

湯河原へ

湯河原へヨガレッスンを受けに行ってきました。
以前取材でお邪魔した絵本作家・勝山千帆さんのアトリエです。

高台にあることと、様々な植物に囲まれてるこの場所で自分の体と向き合ったら気持ちいいだろうな〜と以前からこちらでヨガを受けてみたかったのです。
ドリシュティ(視点)は、対象を「見る」ことではなく、視線が向かう先をぼんやり眺める感覚なので、色として目に入ってくる緑色がやはり優しくて心地良かった〜♪
出来るだけ頭の中を空っぽにして、思考をストップさせようと…

ヨガの後は千帆さんにお手製のランチをご馳走になりました。

千帆さんとお話してると、すごく「満たされたー」とゆう充足感があります。ヨガをして体と向き合った後だから、余計に腑に落ちる点が多く、言葉そのものがエネルギーを持って、口からとスルスル〜と出てくるのが分かります。
自分が感じていた最近のレッスンの方向性についての助言も、今後の道標となり、今日からまた新しい一日が始まった気がします!

アトリエのお庭がとてもイキイキしてるのです。

↑これはジンジャーの花。
すっごく甘い香りがしてウットリします。

さてさて、今日はヨガ・ニケタンのYICの講義の最終回。
いつもの如く宿題のレポートを前夜に必死になって終わらすとゆう、学習能力がない行動を終え、今日の講義も眠気と戦いながら頑張りま〜すf^_^;

2014/09/05

9/23(火)お寺でキャンドルヨガ満員御礼!


9/23(火)に開催予定の「お寺でキャンドルヨガ」は定員10名に達しましたので、募集を締め切らせていただきます。
また、9/27(土)には第一建設さんのモデルハウスSORAMADO(富士市)にて、キャンドルを灯した空間で行う「心と身体を癒す『ヒーリングヨガセラピー』」を開催します。
こちらは、月に一度開催していた「キャンドルヨガ」を先月よりリニューアルしました。より動きを小さくして、深い呼吸とともに体の繊細な部分にまで意識をはたらきかけていきます。主観的よりも客観的に自分を見つめられる時間になればいいな~と思っています。
ただいま9/27(土)の回募集中です。ぜひどうぞ~♪

参加予約はこちらから→http://culas-plus.jp/concept/4376.html

2014/08/28

9/23(火・祝)お寺でキャンドルヨガ


6月の回で好評をいただきました「お寺でキャンドルヨガ」を9/23(火・祝)に再び開催します。

お盆を過ぎ、朝晩の空気にも冷たさを帯びてきました。夜のレッスンでは、場内に涼やかな虫の音が響き渡る天然のBGMに秋の気配を感じます。
きっとキャンドルヨガを開催する9/23頃も、周りを木々に囲まれた夜のお寺は虫の合奏に包まれることでしょう。
小泉八雲は、『日本の心/講談社学術文庫』の中で、
「日が沈む時分になると彼のきわめて小さな魂が目を覚ます。そうなると、部屋の中にえもいわれぬ美しさを讃えた繊細で神秘的な音楽が広がり始める。
(中略)
夕闇が深まるにつれてその音は美しさを増す」
と虫の音について述べています。
灯をともしたお寺の輪郭が周囲の闇に溶け出す渾然一体の空間で、自分を見つめる時間を味わってみませんか?
ご参加お待ちしております。

前回の様子はこちら


【日時】
9月23日(火・祝)18:30-20:00

【料金】
2,500円

【定員】
10名(8/30現在残席2名)

【会場】
沼窪山 本妙寺

【講師】
山田彩

【持ち物】
ヨガマット、手ぬぐい、動きやすい服装



【ご協力いただく皆様】

●お寺
毎週水曜日の「おてらヨガ」で使わせていただいているお寺です。辺りは木々に囲まれた見晴らしがいい高台にあるお寺です。お香を焚きつめた静寂の空間です。
本妙寺→http://numakubosan-honmyouji.com/hyoushi.html
お寺の奥様のブログ→http://kiku-jitei.jugem.jp/

●キャンドル
杉本弘美さんによる、モザイク状に散りばめた美しいキャンドルホルダー「healing light」。一つひとつ手づくりで、一つひとつが慈愛に満ちた作品です。
杉本弘美さんのブログ→http://ameblo.jp/sparkle0702/


【お問い合わせ・お申込み

山田彩(やまだみどり)
090-1741-9730
mdr.ymd@gmail.com

秋を感じる

夜のレッスン。

室内に響き渡る虫の音色が変わってきた。
肌に伝わる夜の空気もヒンヤリしてきた。

秋の気配。

日本人が大切にしてきた月の満ち欠けと自然の機微のリズムは、子供たちが大きくなっても崩れずに循環していてほしいと願うばかりです。

2014/08/26

長崎の旅

二泊三日の、我が家にとって初の長期旅行(笑)

飛行機から見た富士山の美しさと言ったら!
この麓に住めてる私達は幸せね。

一日目はハウステンボスに。
目的はTHE SOARAでのアーユルヴェーダのトリートメントです。
もちろん私のみの目的なので、子供達は旦那様にお任せf^_^;
ソアラは、「細胞から美しく、健康に」なるためにホリスティックな観点から体を見つめ直すヘルスケアリゾート。
ヨガを始め、鍼灸、アーユルヴェーダ、アロマテラピー、クラニオセイクラルセラピーなどのプログラムが充実してます。
http://www.thesoara.com/

施術でトロトロ〜な時間を過ごしたあとは、夜のハウステンボスをぶらぶら♪


二日目は無人島で一日のんびり〜


前日に大雨が降って濁り気味の海。いつもは深い青緑のような色のようです。


島オーナーのお母様に美味しい手料理を振舞っていただき、心からの充足を感じました。

島には沢山のオリーブが植わっていて、料理にも沢山のオリーブが使われていました。
なんだかイタリアのスローフードみたい♪


ツリーハウスから島を臨む子供達。

夕暮れ時まで「時間が気にならない時間」をたっぷり過ごして、再び島を後にしたのでした。


ハウステンボスに一時戻りこの景色!


佐世保に戻って、「佐世保バーガー」!


三日目は、弾丸で長崎市へ。
滞在時間3時間でしたが、またまた母のワガママを聞き入れていただき、1人ヨガスタジオKUU yoga&sleepへ。

照明の仄暗さが心地よく、併設のnanadecorを扱うショップのインテリアもとっても素敵でした☆


スタジオを後にし、近所の眼鏡橋へお散歩。

1人の時間もあとわずか、とゆうわけで橋の袂でチリンチリンアイスを食す。

母の独断で決めた長崎旅行に付き合ってくれた家族に感謝いたします。
日本は広い。
旅は良い。