2014/09/27

healing yoga therapy

毎月1回開催しているヒーリングヨガセラピー。
キャンドルを灯した中で、ゆっくり〜じんわり〜身体を動かしていきます。

今宵は9月の回。
仄かに金木犀の甘い香り漂う中、healing lightの弘美さんが抜群の配置でキャンドルを飾ってくださいました。



ガラスに反射する飴玉のような光が無数に点在していました。いつもより闇が多かったのに心地良く感じたのは、空間内の余白が頭の中のゴチャゴチャを鎮めていってくれたからかもしれません。

産業化に伴う照明の発展は、日本の闇を駆逐していきました。これは戦時中の灯火管制による反動とも言われていますが、常に明るみにさらされている状態では、神経は昂ったままで、深く休むということが難しくなっています。

緊張・弛緩、

明・暗、

光・闇・・・

相対するその二つは、どちらも大切で、『二つで一つ』なのです。


次回は10/25(土)に開催予定です。
ご予約はこちらからお願いいたします。
http://culas-plus.jp/concept/4408.html

2014/09/24

『秋の夜長』始まり、始まり~

秋分の日の今日、お寺でキャンドルヨガを開催しました。

キャンドルを灯した参道の先に広がる、眼下の夜景が一つの演出になってるかのようなロケーションの素晴らしさ。
弘美さんのヒーリングライトが、虫の音色だけを残して、余計な想念や音を吸い取ってくれてるかのような静寂の心地よさ。

普段フル回転でおしゃべりしている頭の中に、少しだけ空白なスぺースを作ることができたらなら、嬉しい限りです。



前半はヨガの基本的なアサナを取り入れ身体をほぐしていきました。
後半はヨーガ療法のメソッドを取り入れ、動きは小さく、意識はより細やかに働かせるよう実践していきました。目を閉じながら、動作と発声を同調させることによって、スピードを増しがちな動きにブレーキをかけ、じっくりと「今在る自分」に目を向けることができます。
ゆっくり、簡単な動きほど、心を今に留めておくのは難しいことです。身体にゆとりが出来る分、心はあっちにフワフワ、こっちにフワフワ行きたくなってしまうものです。
「ヨガ終わったら何食べようかな~」とか「あ~、私なんであんな事言っちゃったんだろう~」とか(笑)
雑念のほとんどは、まだ起きぬ未来の事か既に起きた過去の事。
ヨガは、未来でもない過去でもない「今」に心を置く訓練とも言えるのです。

かく言う私も、日々雑念だらけ・・・
「『今』を生きる子供」と向き合っている私の心は、未来にも過去にも往来を繰り返していますが、そんな日常だからこそ、ヨガでスコーンと頭を空っぽにできる時間が幸せであり、喜びであるのです。


追記
お寺では、昼間のクラスも開講しています。単発でもご参加いただけますので、ぜひどうぞ~。
また10月からの、その他のクラスもスケジュール更新しました。
興味がある方はご覧になってみてください。

おてらヨガ→http://green-yogini.blogspot.jp/p/blog-page_6785.html

リラックスヨガ→http://green-yogini.blogspot.jp/p/blog-page_22.html

2014/09/15

旧暦手帳

「理屈や知識ではなく、なぜそうするのか自分で考えてみることは大切である。何かを感じることで腑に落ちたり、実際にやってみると体得できることがある。小さな発見は、深い叡智につながっている。」
(和暦日々是好日/LUNAWORKSより)

プライベートな予定表として使用しているグレゴリオ暦のスケジュール帳とは別に、自分のバイオリズムを記録する手帳には旧暦の手帳を利用しています。
毎月1日は新月の日からスタートし、月の満ち欠けやそれに則した季節の移ろいに敏感になり、さらにその時の身体の状態と照らし合わせることによって、より自分の身体が愛おしく感じられます。
私が使用しているのはLUNAWORKSのものです。


手帳の機能とは他に、歳時記の挿絵や一口メモが余分なまでに書かれていますf^_^;

でもその余分さが私は大変気に入っているところで、ページをめくる毎に楽しみが増していきます。
何よりも日本語の美しさが、私を惹きつけて止まないところです。

旧暦で過ごしていた頃はきっと今よりも人々は自然に心を寄り添わせ、敬意を払っていたことでしょう。
近代科学は自然をもコントロールしようとしますが、自然に抗うことがどれだけの消耗を生み出しているのか…

どれだけ次世代に負の遺産を残そうとしているのか…

私は今、私に出来ることを地道にコツコツと続けていくのみです。
欲張らずに、身の丈で伝えられることを伝えていけたらいいな〜と思います。

2014/09/12

湯河原へ

湯河原へヨガレッスンを受けに行ってきました。
以前取材でお邪魔した絵本作家・勝山千帆さんのアトリエです。

高台にあることと、様々な植物に囲まれてるこの場所で自分の体と向き合ったら気持ちいいだろうな〜と以前からこちらでヨガを受けてみたかったのです。
ドリシュティ(視点)は、対象を「見る」ことではなく、視線が向かう先をぼんやり眺める感覚なので、色として目に入ってくる緑色がやはり優しくて心地良かった〜♪
出来るだけ頭の中を空っぽにして、思考をストップさせようと…

ヨガの後は千帆さんにお手製のランチをご馳走になりました。

千帆さんとお話してると、すごく「満たされたー」とゆう充足感があります。ヨガをして体と向き合った後だから、余計に腑に落ちる点が多く、言葉そのものがエネルギーを持って、口からとスルスル〜と出てくるのが分かります。
自分が感じていた最近のレッスンの方向性についての助言も、今後の道標となり、今日からまた新しい一日が始まった気がします!

アトリエのお庭がとてもイキイキしてるのです。

↑これはジンジャーの花。
すっごく甘い香りがしてウットリします。

さてさて、今日はヨガ・ニケタンのYICの講義の最終回。
いつもの如く宿題のレポートを前夜に必死になって終わらすとゆう、学習能力がない行動を終え、今日の講義も眠気と戦いながら頑張りま〜すf^_^;

2014/09/05

9/23(火)お寺でキャンドルヨガ満員御礼!


9/23(火)に開催予定の「お寺でキャンドルヨガ」は定員10名に達しましたので、募集を締め切らせていただきます。
また、9/27(土)には第一建設さんのモデルハウスSORAMADO(富士市)にて、キャンドルを灯した空間で行う「心と身体を癒す『ヒーリングヨガセラピー』」を開催します。
こちらは、月に一度開催していた「キャンドルヨガ」を先月よりリニューアルしました。より動きを小さくして、深い呼吸とともに体の繊細な部分にまで意識をはたらきかけていきます。主観的よりも客観的に自分を見つめられる時間になればいいな~と思っています。
ただいま9/27(土)の回募集中です。ぜひどうぞ~♪

参加予約はこちらから→http://culas-plus.jp/concept/4376.html