2014/08/28

9/23(火・祝)お寺でキャンドルヨガ


6月の回で好評をいただきました「お寺でキャンドルヨガ」を9/23(火・祝)に再び開催します。

お盆を過ぎ、朝晩の空気にも冷たさを帯びてきました。夜のレッスンでは、場内に涼やかな虫の音が響き渡る天然のBGMに秋の気配を感じます。
きっとキャンドルヨガを開催する9/23頃も、周りを木々に囲まれた夜のお寺は虫の合奏に包まれることでしょう。
小泉八雲は、『日本の心/講談社学術文庫』の中で、
「日が沈む時分になると彼のきわめて小さな魂が目を覚ます。そうなると、部屋の中にえもいわれぬ美しさを讃えた繊細で神秘的な音楽が広がり始める。
(中略)
夕闇が深まるにつれてその音は美しさを増す」
と虫の音について述べています。
灯をともしたお寺の輪郭が周囲の闇に溶け出す渾然一体の空間で、自分を見つめる時間を味わってみませんか?
ご参加お待ちしております。

前回の様子はこちら


【日時】
9月23日(火・祝)18:30-20:00

【料金】
2,500円

【定員】
10名(8/30現在残席2名)

【会場】
沼窪山 本妙寺

【講師】
山田彩

【持ち物】
ヨガマット、手ぬぐい、動きやすい服装



【ご協力いただく皆様】

●お寺
毎週水曜日の「おてらヨガ」で使わせていただいているお寺です。辺りは木々に囲まれた見晴らしがいい高台にあるお寺です。お香を焚きつめた静寂の空間です。
本妙寺→http://numakubosan-honmyouji.com/hyoushi.html
お寺の奥様のブログ→http://kiku-jitei.jugem.jp/

●キャンドル
杉本弘美さんによる、モザイク状に散りばめた美しいキャンドルホルダー「healing light」。一つひとつ手づくりで、一つひとつが慈愛に満ちた作品です。
杉本弘美さんのブログ→http://ameblo.jp/sparkle0702/


【お問い合わせ・お申込み

山田彩(やまだみどり)
090-1741-9730
mdr.ymd@gmail.com

秋を感じる

夜のレッスン。

室内に響き渡る虫の音色が変わってきた。
肌に伝わる夜の空気もヒンヤリしてきた。

秋の気配。

日本人が大切にしてきた月の満ち欠けと自然の機微のリズムは、子供たちが大きくなっても崩れずに循環していてほしいと願うばかりです。

2014/08/26

長崎の旅

二泊三日の、我が家にとって初の長期旅行(笑)

飛行機から見た富士山の美しさと言ったら!
この麓に住めてる私達は幸せね。

一日目はハウステンボスに。
目的はTHE SOARAでのアーユルヴェーダのトリートメントです。
もちろん私のみの目的なので、子供達は旦那様にお任せf^_^;
ソアラは、「細胞から美しく、健康に」なるためにホリスティックな観点から体を見つめ直すヘルスケアリゾート。
ヨガを始め、鍼灸、アーユルヴェーダ、アロマテラピー、クラニオセイクラルセラピーなどのプログラムが充実してます。
http://www.thesoara.com/

施術でトロトロ〜な時間を過ごしたあとは、夜のハウステンボスをぶらぶら♪


二日目は無人島で一日のんびり〜


前日に大雨が降って濁り気味の海。いつもは深い青緑のような色のようです。


島オーナーのお母様に美味しい手料理を振舞っていただき、心からの充足を感じました。

島には沢山のオリーブが植わっていて、料理にも沢山のオリーブが使われていました。
なんだかイタリアのスローフードみたい♪


ツリーハウスから島を臨む子供達。

夕暮れ時まで「時間が気にならない時間」をたっぷり過ごして、再び島を後にしたのでした。


ハウステンボスに一時戻りこの景色!


佐世保に戻って、「佐世保バーガー」!


三日目は、弾丸で長崎市へ。
滞在時間3時間でしたが、またまた母のワガママを聞き入れていただき、1人ヨガスタジオKUU yoga&sleepへ。

照明の仄暗さが心地よく、併設のnanadecorを扱うショップのインテリアもとっても素敵でした☆


スタジオを後にし、近所の眼鏡橋へお散歩。

1人の時間もあとわずか、とゆうわけで橋の袂でチリンチリンアイスを食す。

母の独断で決めた長崎旅行に付き合ってくれた家族に感謝いたします。
日本は広い。
旅は良い。


2014/08/15

森の中のワクワク

通算4回目の来館。
中村キース・へリング美術館。
お盆中の昨日は流石に混んでた。
車を停めてから入口まで歩いていく森の小径のプロムナードが、ワクワク感を引き立たせてくれるのです〜


あ、服が光った!!
って大はしゃぎw
何度も行ったり来たり。

小淵沢の森はとても気持ちがいい。
緑が優しい。
木立の間合いが絶妙な気がする。

そして、清里へ移動して…
森の中のメリーゴーランド。
これまたお盆中で混んでましたが、メリーポピンズさながらの世界観はいつ観ても胸がトキメいてしまいます。

森の向こうに何かワクワクするものがあるぞ〜と思いながら、その一歩一歩は幸せの足音に変わるのです^ ^

2014/08/10

最初の手紙

ワーズワースは、
「子供は大人の父である」
と言いました。
繊細でピュアな瞳の持ち主は、毎日たくさんのことを教えてくれます。

ありがとう。