スキップしてメイン コンテンツに移動

11/3(水)四季の機微を感じて「秋の森ヨガ」

 11/3(水・祝)秋の森ヨガが開催され、講師を務めました。
今年度2回目となる森ヨガ、11月に行われるのは初めてでしたので、気温や虫の状況等手探り状態ではありましたが、富士山環境交流プラザのスタッフの方が綿密に気を配ってくださったお陰で円滑に進めることができました。



春の森ヨガは雨天のため屋内での開催となりましたが、今回はとても気持ちの良い晴天で木陰にゴロンと横たわるだけでカチコチだったら身体が緩んで大地に沁み込んでいくような心地よさを味わえました。
長きにわたるこのコロナ渦でのマスク生活、夏には緊急事態宣言により身体の動きも制限され未だに尾を引く心身の疲れは、自然に囲まれた中で身体をほぐし、呼吸を深くし、目の前の雑事から解放され自分と向き合うことで「リラックスできてるな~ユルんでるな~」と皆様実感できたのではないでしょうか。




世の中が慌ただしく動いていると、自分の頭の中までも慌ただしく動くことに巻き込まれやすいです。かくいう私も3人の子供がおり、日常生活は常に家事育児の段取りを考えて忙しく動いています。いつも前のめりで肩に力が入り、頭の中はパンパンに詰まっているような状態です。
でも、そこに少しスペースを作ってあげるとフッと力みが抜けて、今自分が向き合っている作業に集中し、穏やかな心持ちで味わうことができるのです。

今回の森ヨガは体を緩め、頭を緩め、「頭の中のスペースを感じる」べく進めていきました。日頃蠢いている頭の中をスッキリし、「周りがうるさくて騒がしくても私の中には静けさがあるんだな~」と感じ取れたかと思います。

森を離れても、実生活の中でこれを行うことは実に有効です。朝起きたとき、お風呂の中で、布団に入る前など、ルーティンを作ってあげて、ほんの少し静かな時間を設けるだけで生活の質はグッと上がることと思います^^ お試しあれ~♪

次回の森ヨガは新緑のころでしょうか。また皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

コメント