2015/12/06

4年目の京都

4年前から恒例になっている、初冬京都の旅。

冬にさしかかっているにも関わらず、いつもよりも暖かい京都を楽しみました。


こちらは、佛光寺境内。大銀杏の葉が地面に敷き詰められた、黄金色の絨毯さながら。その先にあるのはd食堂。デザインストア、D&DEPARTMENTも同じ境内に。


昨年よりスタートした京都造形芸術大学との協業だそうです。

お茶の後、錦市場をぶらぶら。
活気あふれる商店街を抜けて、四条から京阪電鉄に乗り、養源院へ。
カエデの赤が見事でした。
養源院の目的は、俵屋宗達筆の「白象図」。木目を活かしたという圧倒されるような迫力の白い象。照明を落とした薄暗い部屋の中にぼんやりこの象が浮かび上がることを想像すると、少々怖いです。

2日目は、伏見稲荷大社へ。様々な国の方々でごった返す鳥居前。そして、ここに来ても混雑している鳥居内にていきなりどんぐり拾いを始める娘・・・

ちなみに、外国人に人気の京都名所は1位伏見稲荷大社、2位金閣寺だそうです。
うむ、分かる気がする。



今回の旅の、個人的な目的は今年8月に10年ぶりにオープンしたという丸善にて、梶井基次郎の世界を彷彿とさせる「檸檬ケーキ」を食すことでしたが、子供との旅は為るようにしか為らず・・・案の定本屋に来たとなれば絵本コーナーから動かないわけで、そんなこんなで記念スタンプのみを押してその場を後にしました。

京都のお店や施設は設えも雅で、見ているだけで心が華やぐところが多く、その空間に佇むだけで少し時間の流れがゆるやかになる気がします。

思えば子供がまだベビーカーに乗っている時分から訪れており、年を追うごとに年々楽になっていく子供の成長を味わえています。
2012年

2013年

2014年

そして今年。大きくなったね^ ^

毎年12月に訪れる京都・・・来年はどんな旅になるのでしょう。


2015/12/02

ワークショップ終了しました

11/29(日)『こころとからだの調べ』(ヨガ・坐禅・お灸のワークショップ)を無上帑さんをお借りして開催しました。

秋晴れの清々しい空のもと富士山を臨みながら、午前の部「音ヨガ&坐禅」が始まりました。
坐禅に向けて坐りやすい身体を調えるため、まずはnemuさんのヨガで体をほぐしていきます。穏やかで静寂の空間に、nemuさんのやわらかな声が響きます。
呼吸法から始まり、少しずつ体を動かしていきます。当日は寒かったので、温まりたいな~というお声もあり、いつもよりも動きが大きい内容となりました。
そして、お待ちかねのシャヴァアサナ。nemuさんの唄を聴きながら横たわるというspecialな時間です。今回は、私も初めて聴く唄と楽器でしたので、新鮮でトロトロ~と自分が大地に溶けていくような心地よさでした。
無上帑さんの塘変木という施設での開催でしたが、この空間がまたすごく音響が良く、音や声が空間内に隈なく行き渡るためかnemuさんの声がどこから発せられているのか?はたまたCDを流しているのか?そんなハテナを、寝ながら感じる方も多かったようです(笑)
さてヨガが終了し、コーさん(小杉瑞穂さん)による坐禅の時間です。ほとんどの方が坐禅初体験でしたので、まずは坐禅の説明を細やかにしてくださいました。坐禅のイメージは、ピシっとかしこまった感じや無心になるということを連想しがちですが、そもそも持っている先入観が、静かに坐るという行為の妨げになってしまうようです。コーさんはよく、「無心になろうとしない」「適当にやる」「私の言う事を聞かないでくださいね」とおっしゃっています。「そもそも人間、無心になんてなれないんですから」なんて笑って話しています。でもかえってその脱力した感じが、「さぁ、これから坐禅するぞ!」という人たちの緊張している心をほぐしてくれるのです。
警策(肩を叩く平たい棒)で叩かれる場合のデモなどを経て。。。

しばし、沈黙の時間を味わいました。

坐禅終了後は、参加者のみなさんとシェアタイム。感じたことなど、いろいろな想いを話していきます。声に出して話すうちに、客観的に自分が感じたことや気付いたことがポロポロポロ~と次から次に出てくるので不思議なものです。そうして得ていく新たな発見や変化が、自分の中で積み重なっていったらとても嬉しいことです^ ^


ご参加くださった皆さんと一緒に記念撮影。みなさん、笑顔がステキ☆


そんな静かな時間の並行するように、外ではランチに向けて釜戸でご飯を炊いてくださっていました。こちらのおむすびは絶品なのです!!

食べることに夢中で、中身を撮り忘れた!

お昼を食べて、午前の部と午後の部の参加者の方がほとんど入れ替わるようにして、『お灸教室&骨盤調整ヨガ』が始まりました。

まずは、初めて参加される方が多かったので、お灸の材料となるモグサづくりからスタート!
小坊主くんも皆さんに混ざり、腕組みしてフムフム・・・
乾燥させたヨモギ。モグサの原料はヨモギです。これをすり鉢ですりつぶしていきます。
ゴリゴリ
グループワークでゴリゴリ・・・
それをスライスした生姜を台座にして、少量乗せてお灸をしました。モグサは本当にいい香り。香りを嗅ぐだけでも体にいい気がします。道端に生えているヨモギを思い出しながら、「どうしてこれをお灸にしようと思ったのか」などと、先人の知恵に改めて敬服いたすところであります。

その次は、お家でもできるお灸の方法。せんねん灸を使っての実践です。TORA先生にツボを聞き、女性に多い冷え症に対する冷え取りの方法も交えながら東洋医学のお話が聞けました。 

TORA先生に教えていただいて以来、我が家でもせんねん灸は大活躍です。子供でも使用できるのです。特に我が子はアレルギー性鼻炎でよくズルズルしていますので、薬を使うまでもないけど寝ている最中の呼吸が苦しそうだな~という時に重宝しています。

お子様でも使用できる熱くならないものもあります。


小坊主くんをモデルに、子供さんに向けたお灸法も。お子さんがいる参加者の方も多かったので、参考になったようです。

お灸教室後は、骨盤調整ヨガへ。明るかった空も、もうこの時間には真っ暗になっていました。日が落ちる早さもそうですが、一日という時間の短さを感じます。
TORA先生のヨガは、骨盤を中心にほぐしながら調整していくヨガと、ヨーガ療法というセラピー要素のあるヨガが盛り込まれていて、ゆるやかに動かしていく中でも意識が右往左往しないような優しいガイドで、今在る体に集中できるのです。

アオちゃんもノビノビ~

毎回我が子たちも同行させてもらい、多くの方が温かい眼差しで見守って下さることがとてもありがたいです。少し緊張感を持たせる空間に身を置いて、メリハリのつけかたがちょっとでも身につけば・・・と思っているのですが、どうなんでしょうかね(笑)

「お灸教室&骨盤調整ヨガ」も無事終了し、皆様とパチリ☆

一日通して、多くの方にご参加いただきました。そして前日28日(土)にはTORA先生の「美容灸」という個人施術も行い、いずれも満席で大好評でした。
ちなみにTORA先生、この日はお誕生日でした。
Happy Birthday!!

今回講師をお願いした講師の先生方の見解は、「ヨガ・坐禅・お灸」の組み合わせはすごい威力である!ということ。。。それぞれの先生が大切にされているものが、上手に相俟って、そのバイブレーションが皆様のもとへと届いていったのだと思います。
nemuさん、コーさん、TORA先生、参加者の皆さん、会場をお借りした無上帑さん、そして我が家族、多くの方の協力があって、無事にWS終えることができたこと、感謝いたします。

またお会いできる日を楽しみにしております。